上高野の自然と文化を学ぶ同史会 公式ホームページへようこそ <京都 洛北 上高野 ・ 豊かな暮らし自然歴史に育まれた地域 ・ KYOTO RAKUHOKU KAMITAKANO>
上高野の自然と文化を学ぶ同史会(京都洛北上高野)
 

瑠璃光院


名   称 瑠璃光院(るりこういん)
住   所 京都市左京区上高野
東山55
拝   観 毎年11月ごろ(紅葉の季節)にのみ一般拝観を受け付けております。(有料)
ご 紹 介  
八瀬の地は、壬申の乱で傷ついた大海人皇子(天武天皇)が「八瀬の釜風呂」で傷を癒されて以来、平安貴族や武士たちに「やすらぎ」の郷として愛されました。

本願寺歴代門跡もしばしば訪れたと記録に著され、明治の元勲三条実美公は、当地の庵に「喜鶴亭」と名づけて直筆の命名額を下されています。(瑠璃光院に現存)

その後、大正末から昭和の初めにかけて、数寄屋造りに大改修するとともに、自然を借景とした名庭を造園されました。

その後現在まで、名建築・名庭として多くの人に親しまれ、囲碁本因坊位の対戦場ともなりました。

毎年秋、紅葉の季節に特別一般公開されます。

参道では100種以上の楓紅葉がお出迎え。

主庭である「瑠璃の庭」は、瑠璃色に輝く浄土の世界を表しています。数十種もの苔のじゅうたんぬって、一条のせせらぎが清らかに流れます。

その他にも、「がりょうの庭」「茶庵 喜鶴亭」「八瀬かまぶろの現存する希少な遺構」「文化財」などを見学することもできます。


文・写真:瑠璃光院パンフレットより抜粋

パンフレット表紙


秋の特別拝観 入場券 


他のページへ戻るには、このCLOSEボタンをクリックして下さい。




上高野の自然と文化を学ぶ同史会」事務局:京都府京都市左京区上高野
Copyright since2006 上高野の自然と文化を学ぶ同史会. All Rights Reserved.