上高野の自然と文化を学ぶ同史会 公式ホームページへようこそ <京都 洛北 上高野 ・ 豊かな暮らし自然歴史に育まれた地域 ・ KYOTO RAKUHOKU KAMITAKANO>
上高野の自然と文化を学ぶ同史会(京都洛北上高野)
 
古くからの道を往く
人は道という言葉に惹かれるところがある。とくに里道とか旧街道といわれる昔の面影を残している道を歩く時、それぞれの時代、人はどんな格好をして、何のために、何を想いこの道を行き交ったのだろうかと思いをはせる時がある。

いろいろな多くの想いと変遷した時代のことを秘めている道。細くて曲がりくねっていたり、不恰好で歩きにくかったりしてはいるが、何か、いとおしくて大切にしたい気持ちになってくる。

昔の人が作り残してくれた道、歩いていると、人や車をただ通すだけの道ではないよと語り掛けているように思えてならない。

そんな昔からの道を歩いて、道の声に耳を傾け、それぞれ人の生きる道にも想いを馳せることは今こそ大切なことではないだろうか。道は多くのことを知っているのである。

(ここに記述している道の名前や表現等は筆者による、一つの特徴を捉えたもので、史実によるのもではない)
その1
神仏を巡る道
その2
神仏への祈りの道
その3
神を迎える道
ルート
三宅八幡宮をでて、桜ヶ井堰からの水路を跨ぎ、三宅橋辺へ
>詳しくはこちらをクリック!
ルート
水路沿いを川上へ向かい、竹林寺、蓮華寺、栖賢寺、祟導神社へ
>詳しくはこちらをクリック!
ルート
上橋を渡り、里道を抜け、御蔭神社を通って西塔橋へ
>詳しくはこちらをクリック!
その4
神が年に一度
通る道
その5
八幡さんへ
お参りの道
その6
神が行く
お旅所への道
ルート
里堂から三宅橋、花園橋、山端橋辺りを通る旧街道
>詳しくはこちらをクリック!
ルート
叡電三宅八幡駅から三宅橋を渡り、三宅八幡宮まで
>詳しくはこちらをクリック!
ルート
三宅橋から川北の川沿いを南へ、お旅所(おかいらの森)まで
>詳しくはこちらをクリック!
大西弘晃


上高野の自然と文化を学ぶ同史会」事務局:京都府京都市左京区上高野
Copyright since2006 上高野の自然と文化を学ぶ同史会. All Rights Reserved.